tel 075-711-0118

〒606-0018京都府 京都市 左京区
岩倉中河原町193

ご予約はこちら

MENU

月〜金

09:15〜13:00(最終受付12:00)
14:30〜18:15(最終受付17:45)

※木曜日の診療時間は9:15〜12:15(最終受付11:15)になります。 祝日のある木曜日は8:45〜13:00(最終受付12:00)になります。 土曜日の診療時間は8:45〜17:00(最終受付16:30)になります。 宜しくお願い致します。
休診日
日・祝・木曜日午後
京都市左京区岩倉の歯医者「金田歯科医院」木野駅徒歩5分です。

審美治療

審美治療とは

審美治療とは失った歯や欠けた歯を専用の素材を用い、元の天然歯に近い色合いや形、質感を再現する治療法(補綴治療)です。

単純に見た目を修復するだけではなく、歯並びや咬み合わせを改善し、お口本来の美しさと機能性を患者様へ提供します。

歯を美しくするためにはただ歯を白くするだけでは意味がありません。噛み合わせも美しく、歯や口元を動かすことも大切なのです。
そのような歯や口元を手に入れることで、食事もおいしくなり健康にも繋がります。

歯並びを整えることは全身の健康を整えることと同義なのです。
審美治療は保険対象外の自由診療になりますが、歯の審美面を改善しつつ歯並びなどお口の中の治療を併行して行うことができます。

さらに機能面においても、虫歯や歯周病になる前より口内の健康を改善しながら、虫歯や歯周病になりづらい歯に変えることが大きなメリットとなります。

審美治療をおすすめしたいのは以下に当てはまる人たちです。

銀歯の光沢が気になっている方

保険診療で大きな虫歯の治療をすると詰め物や被せ物が銀歯になってしまいますが、白い歯の中にある銀歯は目立ってしまいます。
セラミックといった陶器製の白い詰め物や被せ物に替えることができる審美治療で治療であれば、白く自然な見た目の歯になり、一目では気づかれません。

ご自分の歯の色を白くしたい方

歯の色というのは年を重ねると食事等の色素が沈着して黄ばんだり黒ずんだりしていきます。
審美治療でセラミック製の詰め物や被せ物をすることで、ご自分の歯を白く美しく見せることができます。

美しい歯を長持ちさせたい方

保険診療による銀歯等は時間が経過することによって素材そのものが劣化して破損したり、周囲の歯茎を黒っぽく変色させてしまいます。
審美治療では治療に使う素材を自由に選べるので、ご自分の体質や歯の色、ご予算にあわせた治療を受けることができる上、美しい歯を長持ちさせることが可能です。

セラミックを用いた治療がおすすめの人

セラミックは陶器の一種であり、患者様ご自身のもとの歯の色にあわせて微妙な色合いに調整できるのが最大の特徴です。
自由診療となるため治療費は保険治療の銀歯と比べて高額ですが、保険診療で仕様する歯科用プラスチックや銀歯に比べさまざまなメリットがあります。
最近は見た目の美しさだけでなく、耐久性や機能面も考えてセラミック治療を選ぶ患者様も増えてきています。
以下に当てはまる人たちにはセラミックによる治療をおすすめしています。
是非審美治療を検討してみてください。

  1. 自然な仕上がりで、見た目の美しい歯を大切にしたい人
  2. できるだけ長く使える素材で治療を受けたい人
  3. 健康な歯の寿命を長く延ばしたい人
  4. 金属アレルギーなどの心配がなく、安全な素材を望む人

審美治療の注意点

審美治療は歯並びや口元の見た目を整えることで、白く美しい歯を維持していただくことを目的とした治療です。歯や口元が美しくなることで自分に自信を持ち、人前でためらうこともなく話したり笑ったりすることができるようになります。
また、歯を美しくするメリットは決して「見た目だけ」というわけではありません。セラミックを仕様することで、保険治療で仕様する銀歯による金属アレルギーの心配がなく、より丈夫で長持ちする素材が使用できます。

ですが、「審美面を追求するあまりに、歯の健康を損なう危険性がある」治療法であるということが重要です。
審美治療の中には、すでに健康な歯をさらに白く見せるために、セラミック素材の被せ物などを歯の上に張り付けるという治療がありますが、もともとある歯の上から何かを装着する際、歯の表面を削る必要があるのです。
歯が削ってしまうともともと健康であった歯へのダメージは避けられません。歯を削ることによって歯そのものが弱くなり寿命も短くなってしまい、お口全体のバランスが崩れてしまう危険性があるのです。
審美治療を受ける前に、必ず歯科医師とじっくり話し合った上で、治療におけるメリットデメリットを理解し、どのくらいの費用がかかるのかをしっかり理解した上で、納得して治療受けるようにしてください。
いいことだけを見るのではなく、よくないこともあることをご自分で理解することが満足いく治療の第一歩です。

補綴素材の種類

オールセラミック

とても自然な白さのセラミック素材で製作した補綴物です。
変色や金属アレルギーの心配がなく、透き通るような美しい白さを実現します。

オールジルコニア

高い審美性と、『人工ダイヤモンド』と呼ばれるほど非常に高い耐久性を誇る「ジルコニア」を使用した補綴素材です。
歯の摩耗が少なく、歯ぎしりのある患者様でも破折しにくく、他の歯を傷つけることがほとんどありません。

変色や金属アレルギーの心配もがなく、セラミックに比べて安価です。

ハイブリッドレジン

保険適用の素材であるレジンと、自費のセラミック材料を混ぜた素材が「ハイブリッドレジン」と呼びます。
変色しやすいというレジンの欠点をセラミックが補います。
周囲の歯を傷つけない丁度良い固さがあり、金属アレルギーの心配もありません。
セラミックと比べて光の透過性がないため前歯の修復には不向きです。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを打ち付けた素材です。
金属で補強されているためセラミックよりも耐久性が強く、表側に打ち付けたセラミックの加工にで天然歯に近い色調を再現できます。
金属を使用しているため金属アレルギーのリスクがあります。

歯科用ミリングマシン DWX-4

当院で導入しております、歯科用ミリングマシン「ローランド社 DWX-4」のご紹介です。ローランド社は、工業用3D切削加工機で25年以上の実績をもつ日本のメーカーで、常に高品質な製品づくりを追求しています。ローランド社の製品は世界133か国以上で使用されています。
このような歯科用ミリングマシンを院内に導入することの意義は、より多くの患者様に高クオリティの歯科治療を安定的にご提供できることにあります。

CAD/CAM冠作製の流れ

「ローランド社 DWX-4」は、ジルコニアやハイブリッドレジンなどを切削して、ジルコニアの被せ物やCAD/CAM冠などの補綴物を作製できる3次元切削加工機です。
CAD/CAM冠とは、歯科用CAD/CAMシステムを用いて製作したハイブリッドレジンクラウンです。レジンと呼ばれる白い歯科用プラスチック素材にセラミック(陶材)の粉末を混ぜた材料を用いていることから、従来の銀歯に比べて審美性に優れ、金属アレルギーも起こりにくい新しい被せ物として注目されています。
これらはCADやCAMの技術により、設計・作製されています。技工物を作製する際に使用するのが CAMです。CAM(Computer Aided Manufacturing)は、直訳すると「コンピューター支援製造」といい、CADで作製した図面のデータからマシニングセンターなどのNC工作機械を動かすためのツールパスという加工プログラムを作るためのソフトです。NC工作機械は加工機に直接手入力で作業することができますが、操作者の高い技術の習得や所要時間の長さなどのデメリットがありました。しかし、CAMを使用することにより、この手間を省いて早く正確に加工プログラムを作成することができます。さらに、コンピューター上で加工プログラムのシミュレーション確認・修正ができるため、作業工程に移ってからのミスなどを減らすことが可能です。
当院で採用しておりますCADソフトやCAD/CAM冠については、以前にご紹介したこちらもご参照ください。

CAD/CAM冠作製の流れ

まず初めに、歯科医院で歯を削り土台を作ります。その後、歯型や噛み合わせのデータをとり、それをもとに CADソフトを用いて技工物をデザインします。
次に、その設計データをもとに、3次元切削加工機が歯の色のブロックを削り、被せ物を作製します。その際に使用されるのが、歯科用ミリングマシンです。歯科用ミリングマシンとは、CAD/CAMシステムを利用した小型の切削加工機で、補綴物をCADでデザインされたプログラムにより自動加工します。まず、ブロックやディスクと呼ばれる棒状、もしくは円盤状の歯科材料を、ミリングバーを使って歯の形に削り出します。ディスクの材料には、非金属のジルコニア、セラミック、ハイブリッドレジン、ハイブリッドセラミック、ワックス、PMMA(アクリル樹脂)などがあります。材料によって変色や劣化、審美性などそれぞれ特徴があるため、目的や患者様のご要望に応じて使い分けていきます。

歯科用ミリングマシンの種類

歯科用ミリングマシンには、ドライ(乾)式、ウェット(湿)式、乾湿兼用モデルの3種類があります。

乾式(ドライ方式)

加工時に水やクーラント(冷却水)を使用しない加工方式です。主にやわらかい素材(ジルコニア、レジン、PMMA など)を削るため、0.5mm 台の小型ツールが使用可能で、細かい造形加工が得意です。一方、硬い材料を削る場合は、小型ツールですと折れたり加工時間が長くなるなどのデメリットが生じるため、あまり使われません。

湿式(ウェット方式)

加工時に水やクーラント(冷却水)をかけ、摩擦熱を抑えながら研磨する加工方式です。主に硬い材料(ガラスセラミック、チタンなど)を加工する際に採用されます。

ドライウェット兼用方式

乾式、湿式両方に対応している兼用モデルです。1台で様々な材料の加工に対応できるメリットがある一方で、ウェット加工からドライ加工に切り替える場合など、機内の清掃や乾燥などにやや手間を要します。
今回ご紹介しております「ローランド社 DWX-4」は、この中では乾式(ドライ方式) にあたります。

歯科用ミリングマシンの精度

歯の噛み合わせや見た目は日常生活に大きく影響します。髪の毛一本でも噛むと違和感が感じるほどお口の中は繊細です。そのため、歯科用ミリングマシンにも高い加工精度が求められます。加工精度を高く維持するためには、正確な「ツールの原点出し」と「ワークの位置決め」の2点が非常に重要です。
「ツールの原点出し」とは、ツールの加工開始点を決めることを指します。ミリングマシンではφ1mm 以下の極細ツールを使用して硬い材料を加工するため、徐々に摩耗します。ツールに予期しない摩耗や欠けがある状態での加工は、完成品の寸法ズレが生じ、加工不良となります。特に、連続で加工する際は、都度ツールを確認し、補正することが大切です。
「ワークの位置決め」とは、ワーク(材料)をしっかりと保持して、加工中に動かないようにすることです。ディスクの固定がゆるんだまま加工すると、たとえ装置の動作精度が高くても、完成品の寸法に誤差が生じるおそれがあります。
これらのリスクを防ぐには、センサーで正確にツールやディスクの位置を把握しながら加工する必要があります。そのため、多くのミリングマシンではツールセッタというツールを接触させることで加工基準となるツールの加工原点を機械制御に伝えるセンサーが採用されています。ツールの摩耗や欠けによる微細な寸法誤差も確実に補正してくれます。 また、タッチプローブとよばれる加工前のワークの原点出しや加工後の寸法計測を行うセンサーも搭載されています。先端についた球でワークに触れることで、「加工の原点となる XYZ の位置座標」をミリングマシンにフィードバックします。狭いスペースでも高精度なワークの原点出しが可能で、ワークをセットした際のゆるみやズレによる加工不良も未然に防止してくれます。
このように、様々な先端技術を集結させることにより、患者様にご提供可能な高いクオリティの技工物の加工を可能にするのです。
ちなみに余談ですが、このミリングマシンは人が頻繁に通ったりすることによる振動やドアの方開け閉めによる振動などによる予期せぬ振動も誤差の原因となるので、当院では専用のスペースを設けてミリングマシンに振動が伝わらないようにしています。

ローランド社 DWX-4の特徴

「ローランド社 DWX-4」は、コンパクトさと扱いやすさを極めた歯科用ミリングマシンです。小さな本体に大型機並みの制御技術を搭載しており、ジルコニア、ワックス、PMMA(アクリル樹脂)、ハイブリッドレジンなどを高精度に削り出します。
DWX-4 はエアブロー機能も搭載しており、切削屑を吹き飛ばしながら高品質な加工を行います。また、内部にイオナイザーを備え、PMMA 材料の切削屑が静電気により本体内部の壁などに付着するのを防ぎます。
また、DWXシリーズでハイブリッドレジンを加工するために開発されたミリングバー「ZDBシリーズ」を使用することにより、更に切削能力が高まります。これにより、切削可能歯数の増加や切削時間の短縮が期待されます。
これらのCAD/CAMシステムを用いた治療は、どこの歯科医院でも行えるわけではなく、患者様にご提供するにあたり厚生労働局への申請、認可が必要です。当院はその申請を行っており、認可もされておりますのでご安心ください。
CAD/CAM を用いた治療にご興味のある方、銀歯に抵抗にある方や、以前治療した銀歯が気になる方はお気軽にご相談ください。

歯科用CADソフトexocad(エグゾキャド)

当院では、歯科用CADソフト「exocad(エグゾキャド)」を導入しております。「exocad(エグゾキャド)」はドイツ製のソフトで、あらゆるデジタル歯科技術に対応することが可能です。
近頃、歯科でも耳にすることが多くなったCAD/CAM(キャドキャム)をご存知でしょうか。CAD/CAMとは、コンピューターでデザインし、コンピューターを利用して製作する技術(Computer aided design/Computer aided manufacture)の略です。
CAD/CAMの起源は、1950年代初頭にアメリカのマサチューセッツ工科大学で開発された製造技術であると言われています。当時は超大型コンピューターを使用しなければならずなかなか実用化に至らなかったものの、1970年代以降のコンピューターの飛躍的な発展により一気にその技術が広まりました。そして現在では、歯科のみならず様々な製造現場で欠くことのできない技術として応用されています。
歯科においてのCAD/CAM は、具体的にはインレーやクラウンなどの修復物や補綴物をCADやCAMの技術により設計、製作することを指します。日本においても1980年代頃から徐々にCAD/CAMシステムの開発研究が行われてきました。その後、2009年に北海道医療大学が厚生労働省に先進医療の申請・承認されたことをきっかけに、歯科におけるCAD/CAMの有効性が確認されました。先進医療のため保険適用外でしたが、2014年より一部のCAD/CAM冠が保険適用され、以降その対象部位も広がっていることから「保険適用ができる白い被せ物」として近頃注目を集めています。歯科医院におけるCAD/CAMシステムの普及率は2018年ごろで4.0%と非常に低く、海外に比べて普及が遅れていると言われていた国内の歯科医院でしたが、2020年9月1日に、令和2年度診療報酬改定が行われ、厚生労働省の発表により、導入のネックと言われていた、CAD/CAM冠の保険適応範囲が拡大し、上下顎前歯(中切歯、側切歯、犬歯)に対して保険適用になりました。
2020年12月現在のmiracle調べによると、同年5月現在の歯科医院数が 68,291軒に対して、
1口腔内スキャナー+院内設置タイプ(CAD/CAM)で「普及及率:4.6%」
2口腔内スキャナー単体の場合で「普及率:4.5%」
となっており、トータルで見ると9.1%の歯科医院で導入され、普及率が年々伸びていることがわかります。
このような背景により、今後飛躍的に普及率が上がっていくと考えられます。

CAD/CAM冠のメリット・デメリット

歯科用CAD/CAMシステムを用いて製作したハイブリッドレジンクラウンを CAD/CAM冠といいます。歯科においては材料を表した名称が多く使われる中、製造技術の名称を使用した用語となっています。CAD/CAM冠のメリット・デメリットをそれぞれみていきましょう。

メリット

1、歯に似た白色なので、銀歯に比べて見た目がよい。
2、金属ではないので、金属アレルギーが起こりにくい。
3、保険適用の場合は費用が安い。
4、天然の歯の硬さに近いため、噛み合う歯にダメージを与えにくい。
5、治療期間を短縮できる。

デメリット

1、使っているうちに磨耗が生じるため、歯ぎしりや食いしばりが強い方にはあまり向きません。
2、銀歯のかぶせ物に比べて強度が下がるため、外れやすい、割れやすい面もあります。
3、セラミックほどは色のバリエーションがなく、透明感もやや劣ります。プラスチックの一種なので、最初は艶があっても徐々に表面が劣化し、艶がなくなっていきます。

他素材の補綴物との比較

従来用いられてきた銀歯や、保険適用外のセラミックと比べるとどうでしょうか。

銀歯

[素材]パラジウム合金
[見た目・審美性]✕劣る
[耐久性・強さ]◎優れる
[金属アレルギー]✕アレルギーをもつ方には使用不可
[保険適用]◎適用される
[負担額]◎少ない

CAD/CAM冠

[素材]レジンと呼ばれる歯科用プラスチックにセラミック(陶材)の粉末を混ぜたハイブリッドレジン
[見た目・審美性]○良い
[耐久性・強さ]△長年使用していると表面が傷ついたり、経時的に光沢が失われ、変色する
金属やセラミックに比べると強度は劣る
[金属アレルギー]◎影響はない
[保険適用]○条件あり
[負担額]◎少ない

セラミック

[素材]プラスチックを一切含まないセラミック(陶材)
[見た目・審美性]◎天然歯と同様の色調で、高い審美性をもつ
[耐久性・強さ]◎汚れや傷がつきにくく、綺麗な白さを長く維持できる
[金属アレルギー]◎影響はない
[保険適用]✕不可
[負担額]△種類により異なる

このように品質、見た目の自然さ・美しさなどトータルでみても、CAD/CAM 冠は多くの患者様にとって非常にメリットのある選択です。

CAD/CAMシステムによる補綴物(インレー、クラウン)の作製の流れ

まず初めに、歯科医院で歯を削り土台を作ります。その後、歯型や噛み合わせのデータをとりますが、2通りの方法があります。1つ目は、口腔内スキャナーを用いてデータを読み取る方法です。口腔内スキャナーによる光学印象法は、スキャナーの先端から規則的な光を口腔内に照射し、内蔵カメラによってその反射光を捉えることによって歯やその他の歯周組織の三次元的な形状をデジタル化することができる新たな印象法です。カメラの 大きさは電動歯ブラシよりも一回り大きい程度のサイズで、短時間かつ患者様のご負担も少なく歯の型どりが完了します。2つ目は、従来のように粘土状の材料(アルジネート、寒天等)を用いて歯型をとり、それに石膏を流し作成した模型をスキャンする方法です。これらの方法で得たデータをもとに、CAD ソフトを用いて技工物をデザインします。
次に、その設計データをもとに、3次元切削加工機が歯の色のブロックを削り、被せ物を製作します。こちらの詳細については、また別の機会に詳しくご紹介いたします。

歯科用CADソフト エグゾキャドの特徴

前述の工程の中で技工物を設計・デザインする際に使用するのが CADです。CAD(Computer Aided Design)は、直訳すると「コンピューター支援設計」といい、これまで手作業で作成されていた設計図などのモデル制作作業をパソコン上で行えるようにするためのソフトです。さまざまな分野で使用できる汎用型と特定の分野で使用できる特化型の2種類があります。近年では、縦軸、横軸に加えて高さの加わった三次元CAD(3DCAD)が普及傾向にあります。従来は、正面図や平面図、側面図など、2次元図面上でしか表現できなかったものが、複雑な形状でも 3 次元を用いて設計データをモデリングできるようになりました。
「exocad(エグゾキャド)」は、最先端かつ最も先進的な歯科用デザインソフトです。 世界でも認められた操作性と機能性を兼ね備えた歯科用 CAD システムで、高い信頼性と評価を誇ります。フルクラウン(冠)の作製はもちろんのこと、インレー、アンレー、べニア(歯の表面の一層を薄く削り、セラミックの板を接着する治療法)などの対応も可能です。そのほか、多種多様なインプラントシステムの設計や、治療用ナイトガードの作製、高品質な部分入れ歯・総入れ歯も作製でき、数ある CAD システムの中でも優れた操作性が特徴です。このようなデジタル機器や新しい技術の導入は、安定したクオリティの歯科治療のご提供が可能となり、また、患者様にとっても選択肢が広がります。
これらの CAD/CAM システムを用いた治療は、どこの歯科医院でも行えるわけではなく、患者様にご提供するにあたり厚生労働局への申請、認可が必要です。当院はその申請を行っており、認可もされておりますのでご安心ください。
CAD/CAM を用いた治療にご興味のある方、銀歯に抵抗にある方や、以前治療した銀歯が気になる方はお気軽にご相談ください。